アーカイブ:2015年 1月

東野圭吾の小説『殺人の門』を読んでみました!

「殺人の門」では、奇想天外なトリックなどはまったく描かれていないので、本格ミステリーを期待して読むと期待外れになる。 読者を感動させるような人間ドラマが描かれているかというと、そういう場面もまったくない。 田島和幸が倉持修という幼な…

詳細を見る

follow us in feedly

RSSを購読する