東野圭吾さんの新刊、ランキング、あらすじなどをご紹介するサイト

トップページ > 全作品あらすじ >  ブルータスの心臓

ブルータスの心臓

あらすじOutline

産業機器メーカーMM重工業で将来を嘱望されている末永拓也は、専務取締役の仁科敏樹に近づくために、役員室配属の雨宮康子を口説き落とし、情報を得ていた。やがて、拓也は仁科敏樹の末娘・星子の婿候補に選ばれるというチャンスに恵まれる。しかし突然、康子から妊娠したことを告げられる。康子の狙いは、仁科星子の婿になることによって社内で権力を得ようとしている拓也からお金を搾り取ることだ。

「何とかしなければならない」といらだつ拓也。仁科敏樹の長男・直樹から拓也が呼び出しを受けたのは、そんなときだった。そこには、同僚の橋本もいた。康子が関係を持っていたのは拓哉だけではなく、直樹と橋本も康子から妊娠を告げられていたのだ。3人にとって邪魔者である康子を殺害することで意見が一致する。そして、お互いのアリバイを証明するために考えたトリックが、大阪→名古屋→東京を結ぶ殺人リレーだった。大阪で康子を殺害し、その死体を車で名古屋まで運ぶのが直樹、同じ車で名古屋から厚木まで死体を運ぶのが拓也、違う車に死体を載せ変えて、厚木から東京まで運んで死体を処理するのが橋本の役目だった。

しかし、その殺人リレーは、驚くべき事態に見舞われることになる。何と、厚木で違う車に載せ変えようとした死体は仁科直樹だったのだ。

当サイトの管理人より

小説「ブルータスの心臓」は、序章と第1章~第5章という構成になっているが、この序章で描かれているロボットが人間を殺してしまうシーンが描かれている。衝撃的なシーンではあるが、この序章が意味するところは第4章の後半部分まで分からない。それは、雨宮康子を殺害しようとした仁科敏樹が逆に殺されたことと大きく関係していたのである。まさに驚くべき展開であった。

人間というものに絶望し、ロボットに心酔していった男のある意味切ない物語であった。ただ、タイトル「ブルータスの心臓」の「ブルータス」という部分は、信じていたものに最後に裏切られることになる、という意味で分かるのですが、なぜ「心臓」なのかがもう一つ理解ができなかった。「心臓」というのは「心」を表しているということなのでしょうかね。ロボットだから「心」ではなく「心臓」という表現にした作者の意図が感じられるのですが。

ページトップへ戻る

発売情報&購入Information&Purchase

発売日 1993年8月20日
版型 文庫本
備考 1989年10月に単行本として既刊済みの作品。2011年にフジテレビ3周連続スペシャルの第2弾として、藤原竜也主演でテレビドラマ化された。
購入 アマゾンで購入する
ページトップへ戻る

テレビドラマ化DVDTelevision

「ブルータスの心臓」のほか、「11文字の殺人」「回廊亭殺人事件」が収録

ページトップへ戻る
Copyright(C) 東野圭吾ナビサイト All Rights Reserved.