東野圭吾さんの新刊、ランキング、あらすじなどをご紹介するサイト

トップページ > 全作品あらすじ >  あの頃ぼくらはアホでした

あの頃ぼくらはアホでした

ページ内 目次

あらすじOutline

東野圭吾の小学校時代から大学を出て就職するまでを語ったエッセイ集。

『狂気の二十四期生』と言われるぐらいに問題児が集まっていた中学校に通っていた筆者が、その中学生時代の同級生や教師のことなどを語る【球技大会は命がけ】【消えたクラスメイト】【「したことある者、手え挙げてみい」】【剃り込み入れてイエスタディ】【ワルもふつうもそれなりに】などのエッセイ集

小学生相手にインチキ商売をする理不尽なオッサンたちや小学生時代に夢中になったヒーローや怪獣たちを語る【油断もスキもない】【つぶら屋のコジラ】【「ペギラごっこ」と「ジャミラやぞー」】【俺のセブンを返せ】などのエッセイ集

大学時代に入部していた体育会系クラブでのエピソードを語る【嗚呼、花の体育会系】【芸のない奴、ゲロを出せ】【恋に恋する合コン魔】【恒例の儀式】などのエッセイ集

他、筆者が、今思い出すとつくづく“あの頃はアホだった”という恥ずかしいエピソードを集めたエッセイ集を収録。

当サイトの管理人より

タイトルの「あの頃ぼくらはアホでした」のタイトル通りかなり笑えるエピソードがあり、管理人も何度がクスッと笑ってしまった。この小説を東野圭吾氏の母親が読んで、男の子を厳しく育てることへの虚無感を味わったとか。

ページトップへ戻る

発売情報&購入Information&Purchase

発売日 1998年5月20日
版型 文庫本
備考 1995年3月に単行本として既刊済みの作品。東野圭吾のエッセイ第1弾で、自伝的なエッセイとなっている。エッセイは就職時点で終了している。
購入 アマゾンで購入する
ページトップへ戻る
Copyright(C) 東野圭吾ナビサイト All Rights Reserved.