東野圭吾さんの新刊、ランキング、あらすじなどをご紹介するサイト

トップページ > 全作品あらすじ > 嘘をもうひとつだけ

嘘をもうひとつだけ

ページ内 目次

あらすじOutline

「嘘をもうひとつだけ」「冷たい灼熱」「第2の希望」「狂った計算」「友の助言」の5編からなる短編集。

【嘘をもうひとつだけ】
バレエ団の事務員で働く元ダンサー・早川弘子が自宅マンションのバルコニーから転落して、死亡した。事件は、状況から自殺として処理される方向に向かっていた。だが、加賀刑事はこの事件を元プリマバレリーナ・寺西美千代による他殺だと考えていた。加賀刑事が、自白させるために彼女に掛けた罠とは?

【冷たい灼熱】
 田沼洋次の自宅で彼の妻・美枝子が殺され、一歳になる息子の裕太が行方不明となった。部屋は荒らされ、通帳などがなくなっていることから、犯人は強盗目的で部屋に侵入、美枝子を殺害し、裕太を連れ去ったかに思われた。だが、加賀刑事は、美枝子殺害と裕太の行方不明の予想外の真実を暴いていく。

【第2の希望】
シングルマザーの楠木真智子の恋人が、真智子の自宅マンションで殺害された。部屋は荒らされ、強盗目的で侵入した犯人に殺害されたと思われた。だが、状況を不信に思った加賀刑事は真智子を追及し、それに耐え切れなくなった真智子は「自分が殺害した。」と自供した。しかし、それも結局、真智子の「第2の希望」にしか過ぎなかった。真智子が隠そうとした真実とは?

【狂った計算】
坂上奈央子の夫・隆正が事故で亡くなった。同じ日、坂上夫妻の自宅を建てた建築士も行方不明になる。この不思議な偶然に疑問を感じた加賀刑事は、この2つの事件に関連があると考え、捜査をする。そして、2つの事件に隠された悲劇が暴かれていく。

【友の助言】
加賀刑事の友人・荻原が交通事故にあった。荻原は、相談事のために加賀刑事に会いに行く途中で、居眠り運転をして交通事故に遭ったのだ。しかし加賀は、荻原が居眠り運転なんかで交通事故を起こすが信じられなかった。そして、加賀は驚くべき真実を掴むことになる。

当サイトの管理人より

この「嘘をもうひとつだけ」という小説のタイトルは、短編集5編の中の1つの短編のタイトルから来ている。しかしながら、5編とも「積み重ねた嘘」というものをテーマにしており、そのことから小説全体のタイトルとしても「嘘をもうひとつだけ」というタイトルを選んだのだろうと管理人は考えている。加賀恭一郎シリーズは、犯罪に隠された人間ドラマをテーマとして描かれている小説であると思っている。管理人がガリレオシリーズよりも加賀恭一郎シリーズの方が好きな理由もそこにある。「嘘をもうひとつだけ」は、短編小説だから仕方がないのかもしれないけれど、その人間ドラマの描き方がどうしても淡白な印象が拭えない。やっぱり、加賀恭一郎シリーズは、いや、東野圭吾作品は、長編小説の方が圧倒的に面白いと管理人は感じた。

ページトップへ戻る

発売情報&購入Information&Purchase

発売日 2003年2月15日
版型 文庫本
備考 2000年4月に単行本として既刊済みの作品。加賀恭一郎シリーズの第6弾で短篇集。本書の中の短篇「冷たい灼熱」が2001年に、「狂った計算」が2002年にテレビドラマ化された。
購入 アマゾンで購入する
ページトップへ戻る
Copyright(C) 東野圭吾ナビサイト All Rights Reserved.