東野圭吾さんの新刊、ランキング、あらすじなどをご紹介するサイト

トップページ > 全作品あらすじ > 使命と魂のリミット

使命と魂のリミット

あらすじOutline

中学生の頃、動脈瘤の手術で父を亡くした氷室夕紀は、今では研修医として帝都大学病院の心臓血管外科に勤務していた。夕紀が医者を目指したのは、父と同じ病に苦しむ人たちを助けたという思いももちろんあったが、もうひとつ、決して人には言えない理由があった。それは、あまりにも恐ろしい想像であったからだ。

父の手術は、心臓血管外科の権威・帝都大学の西園教授が執刀したのだが、彼が意図的に医療ミスを起こして父を死に至らしめたのではないかという疑惑を夕紀は持っていた。父の死後の母と西園の関係を考えると、その恐ろしい想像がどうしても拭いきれないのだ。

だから、父の死の真相を究明したいという思いもあって、夕紀は西園教授と同じ心臓血管外科医を目指しているのだ。

その夕紀が勤める帝都大学病院に、ある日脅迫状が届けられた。「すべての医療ミスを公表し、謝罪せよ。さもなければ病院を破壊することになる」というのが脅迫状の内容だった。悪質ないたずらではないかというのが大方の予想であったが、やがて、脅迫犯が起こした発煙騒ぎで帝都大学病院は騒然となる。 そして、多くの患者が、退院か他の病院への転院を余儀なくされた。

しかし、それこそが脅迫文を病院に送りつけた犯人の真の狙いであった。この犯人が企てる驚くべき計画とは?

さらに、父の死の疑惑を深める新たな事実が判明する。夕紀は父の死の真相に辿り着くことができるのか?

当サイトの管理人より

大病院に届いた医療ミスを糾弾する脅迫状。“医療ミス”というワードから、大病院の隠ぺい体質など、そんなドロドロとした部分を見せられるのかと思いきや、その予想は大きく裏切られることになった。実に爽やかな気持ちになれる作品である。特に、犯人の恋人が計画を思い止まるよう説得するシーンは涙なくしては読めなかった。「犯罪を起こすのは、決して悪人だけではない」。そんな世の中のやるせなさを感じつつも、救いのある終わり方をしていたのが、この読後の爽快さを呼び起こしている。

ページトップへ戻る

発売情報&購入Information&Purchase

発売日 2010年2月25日
版型 文庫本
備考 2006年12月に単行本として既刊済みの作品。2011年にNHK『土曜ドラマスペシャル』枠で、石原さとみ主演でTVドラマ化された。
購入 アマゾンで購入する
ページトップへ戻る

テレビドラマ化DVDTelevision

ページトップへ戻る
Copyright(C) 東野圭吾ナビサイト All Rights Reserved.