東野圭吾さんの新刊、ランキング、あらすじなどをご紹介するサイト

トップページ > 全作品あらすじ >  ある閉ざされた雪の山荘で

ある閉ざされた雪の山荘で

ページ内 目次

あらすじOutline

有名演出家・東郷陣平の舞台のオーディションに合格した男女七名。彼らは、東郷の招待で乗鞍高原のペンション『四季』に集められた。そこで彼らを待ち受けていたものは、そのペンションを舞台にした推理劇を自分たちの手で作り上げなさい、という東郷からの指示であった。

ペンションは人里から離れており、おまけに豪雪で外界とのコンタクトが一切遮断されたという状況の中、今後起きる出来事に自分たちだけで対処し、それを作品として作り上げていきなさい、というものであった。

最初に彼らに与えられた設定は、メンバーの一人・笠原温子が殺害されるというものであった。現場には、笠原温子の死体の状況が書かれたメモが残されており、そして笠原温子の姿が消えていた。残りのメンバーは、この状況に相応しい演出を考え、自らの推理を組み立てながら役作りに集中していく。そして、彼らは犯人像を推理しつつ、第二の殺人も起きるのではないかと予測する。

そして、その予測どおりに第二の殺人事件が起きる。今度の被害者役は元村由梨江だった。第一の殺人事件と違うのは、今度は本物の血が付いた金属製の花瓶が裏庭で見つかったことだ。しかも、今回残されていたメモには「凶器はゴミ箱に捨てられていた」とあり、現実と矛盾している。このことを機に、彼らの間には疑惑が生まれた。果たしてこれは本当に芝居なのだろうか?この殺人劇に秘められた意外な真相が明らかになっていく。

当サイトの管理人より

結局、一人も○○されていなかったというのは、このような本格派の推理小説にとっては意外な結末であった。犯人にとっては耐え難い現実であることには違いないのだが、考えようによっては、ハッピーエンドと言ってもいいかもしれない結末であったと思う。また、冗談の恐さを思い知らされる小説でもあった。

ページトップへ戻る

発売情報&購入Information&Purchase

発売日 1996年1月15日
版型 文庫本
備考 1992年3月に単行本として既刊済みの作品。1993年に第46回日本推理作家協会賞(長編部門)候補 となっている。
購入 アマゾンで購入する
ページトップへ戻る
Copyright(C) 東野圭吾ナビサイト All Rights Reserved.