東野圭吾さんの新刊、ランキング、あらすじなどをご紹介するサイト

トップページ > 全作品あらすじ > さまよう刃

さまよう刃

あらすじOutline

長峰の娘・絵摩は、友達と花火大会に行った夜に行方不明になった。最初は誘拐事件かと思われたが、身代金を要求する犯人からの電話なども一切かかってこない。そして数日後、長峰のもとに凶報が届く。絵摩の死体が荒川で発見されたのだ。

やがて、花火大会の夜、絵摩が降りたと思われる駅の周辺で、次のような目撃証言があがってきた。その駅の周辺に、数人の少年が乗った不信な車が停車していたという証言だ。絵摩は、その少年たちに拉致されたのではないかと警察は見立てた。しかし、警察から長峰にその情報が知らされることはなかった。

やがて、何の情報も得られず焦燥とする長峰のもとに、謎の人物からの密告電話が留守電に入っていた。その密告電話は、犯人の少年2人の名前とその片方の少年の住まいを告げていた。その情報をもとに少年の家を見つけ出し、証拠を探すために長峰は家に侵入する。そこで、精神を狂わせてしまうほどの恐ろしい光景を目撃してしまう。それはビデオテープに映し出された光景で、そこには、二人の少年にレイプされて、やがて死んでいく絵摩の姿が映像として残っていたのだ。

そこに、犯人の少年が戻ってきた。激しい憎悪に突き動かされて、長峰は娘の尊厳と未来を奪った犯人を殺害する。そして、殺害する前にもう一人の少年が長野にいることを聞き出し、その少年を追って長野に行く。長峰は長野に行く前に、少年を殺したのは自分で、もう一人の少年に復讐を遂げたら自首する旨の手紙を警察に送っていた。事件の全容が見えてきた警察は、逃げた少年とそれを追う長峰の行方を追った。

被害者よりも犯罪者である未成年の少年の方を救おうとする「少年法」。長峰に同情しつつも、法の番人として長峰を捕らえようとする刑事たち。この少年法という壁が立ちはだかる前で、被害者家族の悲痛な想いはどうしたら救われるのだろうか?

当サイトの管理人より

この「さまよう刃」は、東野圭吾作品の中で管理人が一番衝撃を受けた作品でした。娘をレイプされたあげくに殺害された父親が犯人たちに復讐していくという物語だが、単に復讐に突き進んでいくのではなく、復讐を思い止まろうと決意したり、その心情の揺れがさらにこの父親の悲しみの深さの描写となっているところが絶妙である。娘を持つ父親なら、間違いなくこの「さまよう刃」の主人公に感情移入して涙が止まらないであろう。

ページトップへ戻る

発売情報&購入Information&Purchase

発売日 2008年5月5日
版型 文庫本
備考 2004年12月に単行本として既刊済みの作品。2009年に復讐する父親役に寺尾聰、それを追う刑事役に竹ノ内豊が起用され映画化された。
購入 アマゾンで購入する
ページトップへ戻る

映画化DVDMovie

ページトップへ戻る
Copyright(C) 東野圭吾ナビサイト All Rights Reserved.