東野圭吾さんの新刊、ランキング、あらすじなどをご紹介するサイト

トップページ > 全作品あらすじ > 白銀ジャック

白銀ジャック

ページ内 目次

あらすじOutline

スキー場を訪れたすべての人を人質にした前代未聞の事件が新月高原スキー場で起こった。犯人は、ゲレンデに爆弾を埋め、「3000万円を渡さなければ爆弾を爆発させる」と脅迫してきたのだ。

新月高原スキー場の索道部マネージャーの倉田は警察に通報することを進言するが、経営陣は風評被害を恐れ、警察には通報せずに犯人の要求に応じるという判断を下した。しかし、3000万円を受け取った犯人は、爆弾を埋めた具体的な場所を教えず、さらに3000万円を要求してきた。一回目の急迫で、人命より経営を優先させてしまったという負い目があるスキー場側が、もう警察には通報できない状況であることに付け込んできたのだ。

犯人の言いなりになる状況に不満を感じたパトロール隊の根津は、二回目の金の引渡しで何とか犯人の手掛かりを掴もうと秘密裏に行動するが、すんでのところで犯人に逃げられてしまい、二回目の3000万円も犯人に奪われてしまう。そして、3回目の犯人の要求はますますエスカレートすることに。

この頃から根津は、ある人物が犯人ではないかと怪しんでいた。それは、1年前にこのスキー場での事故死で妻を亡くした入江であった。入江は、息子をショックから立ち直させるためにこのスキー場を訪れたと説明していたが、その時期が脅迫が始まった時期と一致していたからだ。入江が復讐のために起こした事件ではないのかと根津は推測したのである。

そして、三回目の金の引渡しの時に、入江親子が行方不明になる。一年前に血に染まった禁断のゲレンデにまつわる驚愕の真実とは?

当サイトの管理人より

この「白銀ジャック」は、スキー場を舞台にした物語だが、その舞台が表すようにスピード感と緊迫感が溢れる物語に仕上がっている。

ページトップへ戻る

発売情報&購入Information&Purchase

発売日 2011年11月17日
版型 文庫本
備考 2010年10月に単行本として既刊済み。実業之日本社文庫ホームページでは、著者による創作秘話エッセイが公開されている。発売から1ヶ月余りで100万部を突破している(実業之日本社の発表による)。TV朝日系列にて2014年8月にドラマ放送される。主演は渡辺謙。他、岡田将生、広末涼子らが出演。
購入 アマゾンで購入する
ページトップへ戻る
Copyright(C) 東野圭吾ナビサイト All Rights Reserved.