東野圭吾さんの新刊、ランキング、あらすじなどをご紹介するサイト

トップページ > 全作品あらすじ > 雪煙チェイス

雪煙チェイス

ページ内 目次

あらすじOutline

「アリバイを証明するには、スキー場で出会った正体不明の美人スノーボーダーを探すしかない!」

大学生の脇坂竜実は、身に覚えのない強盗殺人の容疑をかけられていた。被害者は、竜実がアルバイトで通っていた三鷹市N町にある一軒家の主人・福丸陣吉という80歳の老人であった。
だが、犯行時刻には殺害現場から遠く離れた新月高原スキー場にいたというアリバイがあった。しかし、スキー場には一人で行っていたために、アリバイを証明してくれる人物がなかなか見つからなかった。唯一の心当たりは、スキー場で出会った女性スノーボーダーだけであった。
しかし、その女性スノーボーダーの素性はおろか、彼女の名前さえも知らなかった。手掛かりは、「明日以降は里沢温泉スキー場に行く」という彼女の言葉だけであった。彼女を探し出さなければ、自分は無実の罪で捕まることになる。竜実は、正体不明の美人スノーボーダーを探すべく、日本屈指のスキー場である里沢温泉スキー場に向かった。

三鷹市N町の強盗殺人事件では、本庁と所轄の合同捜査本部が開設された。所轄は、脇坂竜実が里沢温泉スキー場に向かったという情報を掴んだが、それを本庁には伝えずに、所轄の刑事だけで脇坂竜実を確保して、所轄の功績にしようとしていた。本庁を出し抜く捜査となるので、人員を割くことができず、二人の所轄の刑事が脇坂竜実を追った。

正体不明の美人スノーボーダーを追いかける竜実とそれを追いかける二人の刑事。スキー場を舞台にしたチェイスの幕が切って落とされた。

当サイトの管理人より

今回の小説「雪煙チェイス」の主人公は脇坂竜実であるが、そもそもが根津と瀬戸千晶が登場するシリーズものの3作品目となる小説である。したがって、前作の「疾風ロンド」と前々作の「白銀ジャック」を先に読むことで、より楽しめて読むことができると思う。根津と千晶の行く末も描かれているので是非注目していただきたい。

ページトップへ戻る

発売情報&購入Information&Purchase

発売日 2016年11月29日
版型 文庫本
備考 根津・千晶コンビシリーズの小説の3作品目。単行本は発刊されず、いきなり文庫本での発刊である
購入 アマゾンで購入する
ページトップへ戻る
Copyright(C) 東野圭吾ナビサイト All Rights Reserved.