映画「天空の蜂」のキャスト

※写真は、映画「天空の蜂」公式サイトから引用しております。

映像化不可能と言われていた東野圭吾氏原作の「天空の蜂」の映画化作品が9月12日に公開されます。

監督は、「SPEC」「トリック」「20世紀少年」などの数々の話題作を世に出してきた堤幸彦監督である。

そして、この映画の主要キャストは以下の通り。※映画「天空の蜂」公式サイトから引用しています。

    • 江口洋介 / 湯原
      奪われた巨大ヘリ≪ビッグB≫の設計士。ヘリ墜落を阻止すべく奔走。
    • 本木雅弘 / 三島
      狙われた原発「新陽」の設計士。湯原と同期。原発を守るために奔走。
    • 仲間由紀恵 / 赤嶺
      三島の恋人。事件解決の鍵を握る。
    • 綾野剛 / 雑賀
      巨大ヘリ≪ビッグB≫を奪った謎の男。
    • 柄本明 / 室伏
      地元のベテラン刑事。犯人を追跡する。
    • 國村隼 / 中塚
      原発「新陽」の所長。事件現場を統括する。
    • 石橋蓮司
      原子炉核燃料開発事業団「炉燃」理事長。
    • 竹中直人
      警察庁長官。
    • 向井理
      自衛隊員。 2011年の日本で、救助活動に向かう。
    • 佐藤二朗
      福井県警 警備部長。
    • 光石研
      福井県消防本部 特殊災害課長。
    • 落合モトキ
      新米刑事。室伏の部下。
    • やべきょうすけ
      航空自衛隊員。ヘリ操縦士。

その他にも、手塚とおる、永瀬匡、石橋けい、カゴシマジロー、松島花、前川泰之、松田悟志、森岡豊などの名前が挙がっている。

注目すべきは、原作には無い「赤嶺」という仲間由紀恵が演じる役柄。原発設計士・三島の恋人という役柄だが、この女性が事件解決の鍵を握ることになるらしい。

また、向井理が演じる自衛隊員という役柄も気になるところである。この映画は、1995年に起きた事件という設定になっているのだが、役柄の説明には、「自衛隊員。2011年の日本で、救助活動に向かう」とある。これは、タイムスリップを表しているのか?それとも、1995年の事件そのものが回想シーンという設定になっているのか?どちらにしても、原作には無い設定である。

>>>小説【天空の蜂】のあらすじはこちらから

関連記事

コメントは利用できません。

人気記事ランキング

follow us in feedly

RSSを購読する