東野圭吾の最新刊『恋のゴンドラ』11月1日発売。

恋のゴンドライメージ画像

東野圭吾小説の最新刊『恋のゴンドラ』が実業之日本社より11月1日に発売された。

アマゾンから11月2日に届いたので、その日のうちに読破した。

この小説「恋のゴンドラ」は、7つの短編小説からなっているが、それぞれの小説がつながっており、7つの短編で一つの大きな物語を構成している。里沢温泉スキー場を舞台にした男女の恋の物語である。

恋というと「純愛」をイメージしがちだが、そこは東野圭吾氏のこと、そんな清々しい恋愛話を書くはずがない。予想通り、少しドロドロした内容になっている。

しかし、舞台がスキー場であるからなのか、それとも東野圭吾氏の文脈のせいであろうか、意外と爽やかなイメージを持って読むことができた。

一遍目の【ゴンドラ】から、「こんな目に絶対遭いたくない」と思えるような強烈な内容なのだが、もちろん他人事なので、かなり笑える内容になっている。

ただ、真面目な奴ほど損をしているような結末を迎えるので、そこはちょっと後味が悪いかなと感じた。

>>>小説【恋のゴンドラ】のあらすじはこちらから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事ランキング

follow us in feedly

RSSを購読する