東野圭吾新刊。「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が文庫本で発売

<上記画像は、演劇集団キャラメルボックス公式ホームページより引用>

単行本発売から2年8ヶ月、いよいよ文庫本発売!

演劇集団キャラメルボックスが舞台で演じた、東野圭吾作品の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の文庫本が、2014年11月22日に発売されるようです。

この「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は、2011年4月号から2011年12月号まで角川書店の月刊誌『小説野性時代』に連載され、2012年3月28日に単行本として既に発売されているものですが、2年8ヶ月の時を経て、いよいよ文庫本で発売されるんですね。

僕はまだこの「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を読んでいないのですが、アマゾンなどのレビューを見ると、ミステリーというよりファンタジーの部類に入るような小説らしい。つまり、「秘密」や「時生」のような類(たぐい)の小説ということであろう。

内容的には、あらゆる悩み相談に応ずる不思議な雑貨店があり、その雑貨店が数々の悩みに答えていくうちに、不思議と児童擁護施設の「丸光園」と縁をもった人間へつながっていくという物語らしい。とにかく人間的な温かさを感じれる物語だということだ。

発売まで、いよいよあと10日間。待ち遠しいですね。

>>>小説【ナミヤ雑貨店の奇跡】のあらすじはこちらから

関連記事

コメントは利用できません。

follow us in feedly

RSSを購読する