カテゴリー:新刊情報

新刊「ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人」11月30日発売

東野圭吾氏の新刊が11月30日に発売される。タイトルは「ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人」。黒い魔術師という新キャラクターが登場するようだ。舞台は名もなき寂れた観光地。そんな観光地に再び客を呼ぶための華々しい計画が進行中であった…

詳細を見る

角川文庫版『超・殺人事件』1月23日発売

昨日(1月23日)、東野圭吾氏の隠れた名作と言われている『超・殺人事件』が、角川文庫として発売された。この『超・殺人事件』は、2001年6月に単行本として発売された小説の文庫版ということになるが、実は、2004年5月には、既に新潮文庫と…

詳細を見る

東野圭吾の最新刊『希望の糸』令和元年7月5日発売。

東野圭吾の令和初の書下ろし小説『希望の糸』が7月5日に発売された。びっくりしたのは、加賀恭一郎が登場したこと。『希望の糸』の発売が予告された時には、加賀恭一郎の登場を匂わすことが一切伝えられていなかった。通常、ガリレオシリーズや加賀恭一…

詳細を見る

東野圭吾の最新刊『マスカレード・ナイト』9月15日発売。

東野圭吾氏の新刊「マスカレード・ナイト」が9月15日に発売された。「マスカレード・ホテル」「マスカレード・イブ」に続く、マスカレードシリーズの第3弾である。主人公は警視庁の新田刑事とホテル・コルテシア東京の従業員山岸尚美であり、山岸…

詳細を見る

「虚ろな十字架」の文庫本、5月11日に発売

小説「虚ろな十字架」のイメージ画像

2014年5月に単行本で発売された「虚ろな十字架」の文庫本が2017年5月11日に発売された。「死刑は無力だ」と書かれていた帯は衝撃的であった。「犯人には極刑を望みます」・・・これは、被害者家族が口にする「犯人を死刑にしてく…

詳細を見る

東野圭吾の最新刊『素敵な日本人』3月30日発売。

東野圭吾氏の新刊が3月30日に発売されていたが、一昨日までそのことを知らずにいました。そして、昨日、本書を手にしました。今回のタイトルは「素敵な日本人」。9編からなる短編集で、その内まだ2編しか読んでいないので何とも言えないのだが、…

詳細を見る

東野圭吾の最新刊『雪煙チェイス』11月29日発売。

東野圭吾小説の最新刊『雪煙チェイス』が実業之日本社より11月29日に発売された。単行本での発売ではなく、文庫本での発売である。というか、この根津・千晶コンビシリーズは、いつでもいきなり文庫本ですね。今回の物語は、強盗殺人の容疑者とな…

詳細を見る

東野圭吾の最新刊『恋のゴンドラ』11月1日発売。

恋のゴンドライメージ画像

東野圭吾小説の最新刊『恋のゴンドラ』が実業之日本社より11月1日に発売された。アマゾンから11月2日に届いたので、その日のうちに読破した。この小説「恋のゴンドラ」は、7つの短編小説からなっているが、それぞれの小説がつながって…

詳細を見る

今冬、実業之日本社より2冊の新刊!

今年の8月26日に発売された東野圭吾の新刊「危険なビーナス」が記憶に新しいが、11月1日に実業之日本社から、もう新刊が発売されるようだ。本のタイトルは「恋のゴンドラ 」。恋愛そのものをミステリーとして扱った単行本のようだ。そ…

詳細を見る

「祈りの幕が下りる時」の文庫本、9月15日に発売

この「祈りの幕が下りる時」という小説は、加賀恭一郎の“新参者シリーズ”の10作品目である。何の関わりあいもないようの思われた事件が、加賀恭一郎の家族の過去を明らかにしていく、加賀恭一郎ファンにとっては見逃せない一冊であろう。…

詳細を見る