東野圭吾のエッセイ集

小説家のエッセイ集というのは、実はあまり読んだことがない。理由は、どうせ小説ほど面白くないだろうと思っていたからだ。 だが最近、東野圭吾氏のエッセイ集を読んで、意外と面白いということに気付いた。特に面白かったのは、小説を出すに至った背…

詳細を見る

読書好きの人が古本を買ってはいけない本当の理由

東野圭吾氏の小説に出会い、よく小説を読むようになったのがここ1年ぐらいだと思う。それまでは、ビジネス書ばかりを読んでいた。 時間があれば小説のほうを読みたくなるので、今ではビジネス書はほとんど読まなくなってしまったぐらいである。 …

詳細を見る

東野圭吾が描く現代の救世主!?「虹を操る少年」

昔、「アンノンマン(超人類)」という本を読んだことがある。もう20年以上も前のことなので、当然のことながら詳しい内容まで覚えていないのだが、以下のような内容だったと記憶している。 生物は、その種の存続が危機的状況にある時、それに対応するた…

詳細を見る

「夜明けの街で」不倫は終わったあとが地獄のはじまり

この地獄は知っておいたほうがよい 「不倫なんてする奴はバカだ!」と思っていた男が、派遣社員の女性と偶然ある場所で出会ってしまったことから、自らが侮蔑すべき不倫関係に陥ってしまう。そして、その女性は15年前の殺人事件の容疑者だった。この「夜…

詳細を見る

加賀恭一郎の謎が分かる「祈りの幕が下りる時」

加賀恭一郎シーリーズ 3つの疑問 2013年9月13日に発売された東野圭吾氏の最新刊「祈りの幕が下りる時」は、加賀恭一郎シリーズの第10弾となる作品です。この小説を読んで真っ先に感じるのが、少なくとも今までの加賀恭一郎シリーズを読んできた…

詳細を見る

「ガリレオ」内海薫というキャラクターが誕生したワケ

<上記の画像は、フジテレビ「ガリレオ」特設ページから引用> 内海薫誕生秘話 ガリレオシリーズの小説をすべて読んでいる方はご存じだと思うのですが、小説では、ガリレオシリーズ第3弾の【容疑者Xの献身】まで、内海薫刑事はいっさい登場していませ…

詳細を見る

【真夏の方程式】というタイトルの意味するところ

【真夏の方程式】とは何を意味しているのか? 「真夏」というのは、時期が真夏の出来事を描いた物語であるので、この点についてはあまり解釈の余地はないでしょう。つまり、「方程式」という部分が何を表しているのかが重要なポイントということになる。 …

詳細を見る

【さまよう刃】一番さまよっていたのは誰?

小説「さまよう刃」の内容を簡単に説明すると「娘を殺された父親が、犯人に復讐する物語」である。こう簡略して書くとほとんど伝わらないが、かなりドギツイ物語である。まず、東野圭吾作品にしては、描写がかなりドギツイ。また、小説の終わり方の焦燥感もか…

詳細を見る

東野圭吾作家デビュー作「放課後」

1985年に出版された長篇小説「放課後」は、東野圭吾氏の作家としてのデビュー作品で、推理作家の登竜門とされている【江戸川乱歩賞】の第31回の受賞作品である。1986年には『木曜ドラマストリート』枠で山下真司主演でテレビドラマ化されている。 …

詳細を見る

「卒業-雪月花殺人ゲーム」警察官になる前の加賀恭一郎

「卒業」は、東野圭吾氏の第2作品目で、人気シリーズ「加賀恭一郎シリーズ」の第1作品目となる小説である。つまり、ごく初期に出版された小説ということである。 この「卒業」の舞台は、加賀恭一郎が警察官になる前の大学卒業間近の頃となっている。…

詳細を見る

人気記事ランキング

follow us in feedly

RSSを購読する