【カッコウの卵は誰のもの】ドラマ化の続報

<上記画像は、TOKYO POP LINEから引用しております>

【カッコウの卵は誰のもの】ドラマ化の詳細

昨年の10月に、「カッコウの卵は誰のもの」のドラマがWOWOWで2016年春頃に放映されることをこのブログでお伝えしましたが、詳細が分かってきましたのでお伝えしておきます。
「カッコウの卵は誰のもの」の小説版のあらすじは、当ブログの管理人が運営しているサイト【東野圭吾ナビサイト】に掲載しているので、こちらのページ「カッコウの卵は誰のもののあらすじ」を見ていただきたい。

ドラマ放映日

3月27日より毎週日曜夜10時、WOWOWにて放送。

主な登場人物と配役

この物語の主人公である天才女子アルペンスキーヤーの緋田風美を演じるのは、人気急上昇中の若手女優:土屋太鳳である。そして、風美の父である緋田宏昌を演じるのが、今や大御所俳優である伊原剛志である。土屋太鳳と伊原剛志は、NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」でも親子として共演していたのが記憶に新しいところである。

そして、物語の鍵を握る病院暮らしの青年・文也を実力派若手俳優の本郷奏多が演じ、冷徹な研究者・柚木を「TEAM NACS」の俳優:戸次重幸が演じている。この4人が、物語を構成する上でもっとも重要な人物であり、魅力溢れるキャストで固められている。

また、他にも人気若手俳優たちの真野恵里菜、高杉真宙、森永悠希、矢野聖人らが出演する。

カッコウの卵は誰のもの [ 東野圭吾 ]

カッコウの卵は誰のもの [ 東野圭吾 ]
価格:699円(税込、送料込)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


follow us in feedly

RSSを購読する