管理人の記事一覧

東野圭吾の最新刊『恋のゴンドラ』11月1日発売。

恋のゴンドライメージ画像

東野圭吾小説の最新刊『恋のゴンドラ』が実業之日本社より11月1日に発売された。アマゾンから11月2日に届いたので、その日のうちに読破した。この小説「恋のゴンドラ」は、7つの短編小説からなっているが、それぞれの小説がつながって…

詳細を見る

今冬、実業之日本社より2冊の新刊!

今年の8月26日に発売された東野圭吾の新刊「危険なビーナス」が記憶に新しいが、11月1日に実業之日本社から、もう新刊が発売されるようだ。本のタイトルは「恋のゴンドラ 」。恋愛そのものをミステリーとして扱った単行本のようだ。そ…

詳細を見る

「祈りの幕が下りる時」の文庫本、9月15日に発売

この「祈りの幕が下りる時」という小説は、加賀恭一郎の“新参者シリーズ”の10作品目である。何の関わりあいもないようの思われた事件が、加賀恭一郎の家族の過去を明らかにしていく、加賀恭一郎ファンにとっては見逃せない一冊であろう。…

詳細を見る

東野圭吾の最新刊『危険なビーナス』8月26日発売。

東野圭吾小説の最新刊『危険なビーナス』が講談社より8月26日に発売された。アマゾンで事前予約しておいたので、僕の手元にも8月26日に届き、昨日(8月27日)の晩に読み終えたところである。単行本の帯には不倫の匂いがプンプンと立…

詳細を見る

100万部突破の東野圭吾の大人気小説「疾風ロンド」の映画化

※上記の画像は『映画「疾風ロンド』公式サイト』より引用しております。2016年11月26日全国ロードショー「疾風ロンド」という小説は、「白銀ジャック」の続編ともいうべき作品であり、スキー場を舞台としたサスペンスミステリーである。その…

詳細を見る

「夢幻花」の文庫本、4月7日に発売

この「夢幻花」という小説は、江戸時代にはあったとされる黄色いアサガオを題材とした小説です。少し前に観たサスペンスドラマでも、この世には存在しないと言われている青いチューリップがきっかけで起こった事件であったことを思い出しました。青い…

詳細を見る

【カッコウの卵は誰のもの】ドラマ化の続報

<上記画像は、TOKYO POP LINEから引用しております>【カッコウの卵は誰のもの】ドラマ化の詳細昨年の10月に、「カッコウの卵は誰のもの」のドラマがWOWOWで2016年春頃に放映されることをこのブログでお伝えしましたが…

詳細を見る

東野圭吾がオリコン文庫部門史上初の年間ワンツー達成

オリコンの2015年年間“本”ランキングの各部門が発表されました。あの本年度芥川賞作家のお笑い芸人・ピースの又吉直樹氏の「火花」が、総合部門にあたるBOOK部門で年間1位を獲得したことが話題となっていますが、それよりも東野圭吾ファン…

詳細を見る

『人魚の眠る家』のあらすじと感想

『人魚の眠る家』のあらすじ11月18日に発売した東野圭吾の新刊『人魚の眠る家』を昨日読んでみました。この『人魚の眠る家』は、東野圭吾氏の作家デビュー30周年を記念する作品であり、5月に発刊した『ラプラスの魔女』に次ぐ30周年記念作品の第…

詳細を見る

東野圭吾の最新刊『人魚の眠る家』11月18日発売。

東野圭吾小説の最新刊『人形の眠る家』が幻冬舎より11月18日に発売された。東野圭吾は、この小説について、「このような物語を自分が書いていいのか?」というコメントを寄せているという。僕はこの小説をまだ読んでいないが、さてさてど…

詳細を見る